プルーンの歴史

プルーンの完熟 プルーンの完熟

農場店舗 農場店舗

プルーンの歴史

【プルーンの歴史】

プルーンは西洋スモモの一種とされています。
プルーン栽培の知識として「別ページの説明文は長野県の果樹指導指針より引用しております」

収穫、販売は8月下旬より10月上旬と、なります。
信州・佐久地域が国内栽培の産地となりました。

アメリカ、カリホルニア州から輸入果樹苗木です、長野県果樹試験場でも新種の開発に奮起しておる果実です。

主な品種10品目ぐらいあります、大森園の栽培歴は50年が過ぎました。

サンプルーン(収穫期9月)が代表品種で酸味と甘さが兼ね合います。

甘さではマジョリース(収穫期9月下旬〜10月).有名品種。

昭和40年頃からの歴史の浅い果物です、急速に増殖が進みつつあります。

何の品種も、美容健康食品・生プルーンで有名になりました。

お客様の評価は便秘、貧血予防に効果が有りとの言葉を頂戴しております。

下記、お買い物かごになります。☟☟