ホーム  >  プルーン

プルーン

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

● 《プルーンとは》 ●

・・〔日本流で西洋スモモの一種〕・・でドメスチカスモモの一種とのことです。乾燥地で栽培が適する品種とされています。
ブルーンの歴史は、現在、(アメリカのカリホルニア州が一大産地のようです)東欧、北米西海に多く栽培され、欧米で広く栽培されてるようです。輸入元はカリホルニアでした。
最盛期は⇒8月中旬〜10月上旬・9月が最高の敵季です。

我が国には明治以降に知れ渡り、多湿地帯に不適合であり裂果などが発生して日本の栽培に適さない果実とされていたが、近年の健康食品的なブームの消費が増大して将来的に優良果実として今日に至り有名に成りました。

日本では、長野県小諸市とその周辺佐久地方に早期に栽培が成され、日本では60%が長野県で栽培されており、生食プルーンとして現在に至っております。
「大森園では」昭和40年頃に導入して今日に至りますが、その頃は長野県の指導体制も積極的ではありませんでした。
昨今の健康食品的な見地から昭和50年後半より観光的に栽培拡大に自身を持ち始めました。

現状の主力品種はサンプルーンです、、(酸味有り)マジョリース(甘味あり)もお奨め品。
JAの地元でも主力果実として活動がなされるようになりました。サンプルーンの改良種でスイートサンが良品です。

当時の試行錯誤は雨風に弱く苦戦をしながら雨天時の雨よけシートが必要とは知らず収穫期の再に樹木頭上へ雨よけシート導入して解決(大森園では市販のブルーシートを使用)し、しかし、樹木に夜蛾(コスカシバ)の泊まり木となり、果実へのシンクイ虫の発生に苦戦、現在でも農薬の防除対策に苦慮する昨今です、近隣農家では後継者不足から同業者農家の皆さんは自家用程度の栽培が現実です。

今日では長野県の果樹試験場でも、品種更新にも力を注ぎ、消費者の皆様方に好まれる味覚に、新品種開発されて、の苗木が県内のみの農家に発売されてきました。

大森園でもいまだに小面積のプルーン栽培ですが、お客様に喜ばれる品種を増殖しております。今後も営業的な果実として栽培努力の奮闘営業としております。

*************************************************************
・・日本すもも・・〔和性ススも〕

《ソルダム、とは》大森園にはソルダム(日本すもも)も栽培しておりますが、東洋すももとして区別しております。
名称はスモモです・この地方では、お盆の頃が収穫期です。
ソルダム(プラム)、プラムと称してのお客様もありますが、この地方ではソルダムの品種名が一般的です、東欧、西欧四国の果実プルーンとはなどとの差を区別しております。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
以上の文面は長野県の果樹栽培書指導志士の参考文です。

ショッピングは次のページからお願いします。

商品一覧

<< 前のページ | 次のページ >>

プルーンの歴史

【プルーンの歴史】

プルーンは西洋スモモの一種とされています。
プルーン栽培の知識として「別ページの説明文は長野県の果樹指導指針より引用しております」

プルーン**品種(マジョリース)

●マジョリース●

産地⇒長野県小諸市 産

販売は9月下旬〜10月に入ります。プルーンとして、はかなりの甘口味です。一個35弔曚鼻鳩の卵ぐらい。
色合い⇒ブルーに灰褐色で奇妙なマジョリー色

販売計画・平成29年9月20日頃〜10月上旬

プルーン**品種(サン)

●サン.プルーン●  

産地⇒長野県小諸市

信州の農産物・もっともの主力品種です、昨今では美容と健康食果実になりました。
事前予約品です。→ 栽培歴50年を過ぎました←

販売計画・平成29年9月8日

シュガープルーン

小粒です。一般的な販売ブルーンとして知られています。

サンプルーンとシュガープルーンの見たとこ、色、かたちの差はありません。

味もその差はありません、収穫の季節差が違うだけです。

ペイラープルーン

大粒です。少々の甘味にプラス酸味有り。

ニューシユガー

☆・収穫期=8月期末〜9月上旬。

<< 前のページ | 次のページ >>

(^_^) 売れてます!m(_ _)m