ホーム  >  りんご

りんご

[りんご]

りんご狩り期間→9月上旬〜11月下旬まで
りんごの季節と品種
.「9月いっぱい」つがる
.「9月中旬〜10月中旬」秋映、シナノスイート、紅玉、早性ふじ
.「10月中旬〜11月中旬」千秋、陽光、新世界、
      ジョナゴールド、王林、ふじ(10月下旬より)
.「11月上旬〜12月末」ふじの年末贈答品を承り。

. ショッピングはページの最後からお入りください。

.グラニースミス・(加工用調理専用)がお目見え・

『サンふじりんご お進め品』

◆ ◆《サンふじとは》◆◆

袋をかけないりんごの言葉を無袋栽培の方法がりんごの呼び方、評言です、無袋栽培のふじりんごを太陽の赤外線が良く当たります言葉になります、これらの証言からサンふじと命名が出来上がりでした。
[サンふじ]全国的な言葉は長野県のりんごJA出荷、取りまとめもと(JA全農)で命名した商標登録にして今日に至っているようです。

りんご農家の世界では無袋栽培の仕上げの作業事柄を全国的に“”サン“”と表現しています。
※ 端的に作業方法を変えただけの事柄です。

今日の生産農家では無袋栽培になりました、袋をかけたりんごの表現を有袋作業をします、が通常有袋りんごと言葉は出てきません、一般的表現で端的に“ふじ”と言い回しております。信州生まれの秋映、シナノスイート、などの呼び方も同じ“サン方式”で通常栽培してます。


◆◆《ミツ入り、りんご とは》◆◆

●.一言で果実の自然界の物理的な現象です。(農作業の段階でミツが入るものでは有りません・注射をする、とか・蜂ミツなどの証言では・多大な間違いです)
 
 ※.次の説明は長野県の果樹栽培の指導指針、参考書があります。これらを引用しましての説明です。

ミツ入りとはりんごの品種によって成熟季節に達すると果肉内に水侵状態のミツ入り現象が見られます。
秋の季節から冬の季節に寒暖の変動が大きく変動します、その物理的化学的反応をお示しします。

ミツ入りは光り合成産物の転流形態で、ふじりんごに多く見られます、が、どの品種にも見受けられます。
果糖アルコール(ソルビトール)物質が活動開始します、葉から果実の取っ手(蔕 ヘタ)から 維管束(心頭)及び細胞間隙に転流して、蓄積され、わずかな浸透圧の高まりによって水分を集積、特に維管束周辺(心頭の種の周辺)の果肉が水侵状を呈したものと考えられております。
通常、転流してきた果糖アルコール(ソルビトール)物質は酵素の働きにより糖に転化されますのが、ミツ入り現象が見られる果実では成熟度に伴って何らかの変化、いわゆる(自然界の赤外線等の物理的な現象)で酵素の働きが低下して、糖アルコールの現象のままに果実に蓄積している現象と考えられます。
糖アルコール(ソルビトール)の代謝に関連した仮説としてミツ入りのりんごは収穫季の低温時によって促進されますが成熟度や糖アルコール(ソルビトール)現象の温度差の上下によって生じるミツ症状とは密接な関係が無く、間接的な混合性からミツ入りに成り、低温の情況化での上がり下がりに対する、その差の一種の適応現象ではないかの説に有ります。

大森園でも前記録のミツ入り果実の説は正確な説明と確信しております。
自然界の物理的な現象がミツ入り果実として消費者の皆様に喜ばれて、いますのが今日の現実です。標高の高い地域、長野県の東信、地域(当地は700叩砲砲海譴蕕慮従櫃、特に多く見られます。

標高の低い地域、北信、南進の標高、500〜600mの方でも季節の遅くまで収穫日程を起きますと平均的気温が下がります、この頃にミツ入りのりんごになります、当地の東信地区は高冷地になりまして早期収穫に成りますが、いち早くミツが入ります。
ここで寒暖の激しい地域のほどミツ入り、りんご地域がおわかりと思います。

先に申し上げましたように注射器、蜂ミツ入りを注入する等の表現は全くでたらめです、食の安全上から犯罪法に当たる行為になってしまいます、また、更に、これらの作業は技術的に不可能です、自然界の物理的な現象がミツ入り果実としてのご理解をお願い致します。

私たち人間界の日々の生活に説を変えますと暑い季節は薄着になります、寒い季節に厚着になります、冷暖房の季節と全く同じとお考え下さいませ。

≪≪ ソルビトールとは⇒ブドウ糖に還元して糖アルコールに変化する、成分の用です。自然界の物理的反応でできあがる成分の反応です  ≪≪

※ 無袋・葉摘み作業、とは

大変な雇用者作業です、袋をかけない、かわり に、葉摘み作業が必要になります、収穫期の1ヶ月前から葉摘み作業と併せて新枝が出ます、新枝の剪定作業(夏季剪定)もする農家もおられます。
大森園では葉摘み作業を重点に置いております。(新枝剪定作業は後回しです)←ここで→、一般農家とのりんご味の差が生じるようです、、大森方式の味覚、差が喜ばれます。

※ 葉とらずりんご、とは

最近、葉とらず、りんごなる商品
  が出回っております、通常作業ですと葉っぱを摘む作業の手間が、かかります、雇用作業です、作業対応の従業員が雇用できないのです、葉を摘むことで特秀品りんごになります、が葉っぱを残すとその葉の陰が残ります、秀級、優級品になってしまいます、味の差は変わりません、→ここで価格低下です←価格は安くても、葉とらず商品になるままに、収穫季節になってしまいます、味の差は変わりません。称して労賃節約栽培につながります。

労賃節約で収穫販売になります、これが葉とらずりんごです。雇用労賃の支払いに苦戦します、一つのアイデァー作戦販売になります。

《 りんごが凍る 》現象
※※ 秋の収穫、時にりんごが凍ります。

凍らないうちに、収穫を完了とします。

季節温度がマイナス温(−1度)以下になりますと、りんごが凍ります、凍った状態では収穫を中止とします。空気中の溶ける温度まで収穫できません、りんごの表面にシワがよってしまいます、商品価値はゼロです。
空気中温度が5度程度上がると、溶けます、その日の収穫作業は午後になります。
このような現象は11月の後期の寒気となります、但しミツが良く入ります、寒さと蜜入り気候の我慢比べです。
できるだけ、ふじの収穫を11月の中旬までに完了としています。

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)


*ショッピングの ご紹介の順序*  ☟    ☟

あきばえ(秋映)

シナノスイート

ふじ(サンふじ)

商品一覧

<< 前のページ | 次のページ >>

サンふじ、、規格外品とは

〔サンふじ、、規格外品〕

天候不純などによる日照不足が原因で、自然に外傷キズ、サビ肌、形くずれ、枝などの擦り傷・等です、ミツはいっぱい入っております値段も格安の美味しさです。

※ ご注意 ※
日持ちは良く有りません、お早めにお召し上がり下さい。
キズ などのところから雑菌が入り、カビなどで

***********************************

サンふじ・・ A級品 ・“特秀品”ショップ

・【サンふじ】・

「A級品・特秀」


平成29年度、計画、サンふじ、御値段のお買得品。

〔サンふじとは〕・・A級・“特秀品“、、、袋を掛けない無袋のりんごのことです。


{りんごのサンふじ}お歳暮ご贈答品の販売開始。H 29:11/10頃に開始]

{大量に収穫・在庫豊富}

グラニースミス

【グラニースミス】

“Granny Smith”〈食品加工の専用品種〉とは

✪西洋料理&洋菓子の原料に

★ 生食には不適合の品種・・・と思われます。
(日本では紅玉りんごを原料に洋菓子などに利用するのが当たり前・
欧米ではグラニースミスを原料に選ぶようです)

在庫品有ります・・・最近、プロの料理人が訪ねてきます。
収穫量、200堋度しか有りません、プロのお客様に押さえられておる現状です。
紅玉に勝る品種と思われます。

収穫期はふじと同時時期です、寒さに強く、かなり酸っぱいです、、加工品向けのりんごとしての販売品です。

収穫、出荷販売は11月中旬以降です。 価格的には、一般的な、ふじ、、と同じ価格です。

お買い物カゴでのお約束ごと

※.〈お買い物カゴ、事前説明〉→必ずお読み下さい。

ご利用案内のページ

※=お届けの時間指定できます(御要望覧へ記入)。
午前中内→(午前中のみ)

午後内→(12〜14)(14〜16)(16〜18)(18〜20)(20〜21)
☆.運賃送料は別途計算です。お客様への送料を事前にお問い合せ下さいませ。
ご注文の代金がお示しのメールお届けいたします、商品の代金と運賃の別途料金をお支払いください。


※=お買い物カゴでの御注文にご注意は二箱以上の・運賃料金は加算料金が必要

<< 前のページ | 次のページ >>

(^_^) 売れてます!m(_ _)m